So-net無料ブログ作成
検索選択

京懐石 [和食]

京都の高野にある和ぎ(やわらぎ)という和食やさんに行ってきました。このお店、使っている野菜は洛北郊外の自家菜園の畑で有機・無農薬で収穫したものだそうです。もちろん京野菜もたくさんでました。
特に印象的だったものについて少し書いてみます。
まずは、茄子のゼリーよせ。焼き茄子をおだしのゼリーに閉じ込めたもので、冷たいので暑い夏にはとっても食べやすいですし、食感もぷるぷるとろ~っとしていてお味はさっぱり。しょうがが少しきいていてアクセントになっていましたし、ゼリー状のおだしの味がお茄子にも良くしみこんでいました。見た目もさわやかでこんな素敵な食べ物があるものかとかなり感激しました。
それと、生湯葉。口の中でとろけていくんです。噛まなくても味が口中にふわっと広がって行く感じ。味はまったりととても濃厚で、凝縮された豆乳を食べているようでした。あのとけていく感じ、なんて絶妙なんでしょう。
あと、京都らしいものとしては加茂茄子の田楽。おなじみ京野菜の加茂茄子を味噌を乗せて焼いたものなのですが、半分は赤味噌、半分は白味噌と二つの味が味わえました。お茄子は柔らかくてこれもまた口の中でとけていきます。それに上に乗っているお味噌が淡白な甘みのある茄子の味を壊さず、でも存在感がありました。やっぱり京野菜はいいですねぇ☆
他にも、鮎の塩焼き、お漬物のおすしなどここには書ききれませんがすべてのお料理に感激しました。なす好きの私にとってあまりにお茄子の印象が強かったもので…すみません。あと、蛸の子というものをはじめて頂きました。以外にクリーミーな感じ、しっとりとしていて濃厚な味でした。
最後に出た羊羹のような、水羊羹のような小豆のお菓子も美味しかったです。多分、くず粉とかわらび粉とかで固めているんでしょうけれど、すこしもっちりと弾力のある水羊羹という感じでした。甘すぎずにさっぱりと、夏の懐石を締めくくるにふさわしい水菓子でした。
あ~今日は幸せな日でした。ここはぜひまた行きたいお店です!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。